トヨタレンタリース福岡
予約センター TEL 0120-489-446 予約センター TEL 0120-489-446

株式会社トヨタレンタリース福岡 一般事業主行動計画


雇用環境の整備と次世代育成支援に基づき、会社において仕事と家庭や子育てを両立させることができるような働きやすい環境をつくることで、全ての従業員が能力を発揮できるようにする為、次のような行動計画を策定する。

1. 計画期間

平成29年7月1日~平成32年6月30日

2. 当社の課題

課題1 子供を育てる従業員への職場の理解が不足している。
課題2 子供を育てる従業員の労働環境の整備をより拡充したい。
課題3 時間外労働時間を低減し、ワークライフバランスの充実を推進したい。
課題4 家族のための職場見学会及び若年者に対するインターンシップ等の職場体験機会を提供し、
    社員と家族の相互理解及び若年労働者の雇用拡大を図りたい。

3. 目標

①出産・育児を支援する諸制度の周知及び制度利用者への職場理解の浸透を図る。
②育児のための短時間勤務制度対象者の拡大及び育児短時間勤務時間の勤務パターンの
 多様化により育児をする従業員の就労を容易にする。
③店舗のシフト勤務時間パターンの多様化により時間外労働の短縮を図る。
④職場見学会及び職場体験(インターンシップ)を実施する。

4. 取組内容と実施時期

取組1 平成29年12月までに出産・育児をする者に対するハラスメントの防止のための体制を
    整備する。
≪実施時期≫
 平成29年7月
  出産・育児をする者に対するハラスメント防止及び違反者に対する懲戒を明示した
  就業規則の社内ネットへの掲載
 平成29年8月
  出産・育児をする者に対するハラスメント防止研修会の企画及び研修内容の検討
 平成29年9月~12月
  出産・育児をする者に対するハラスメント防止研修会の実施

取組2 出産・育児を支援する諸制度の周知
≪実施時期≫
 平成29年7月
  出産・育児を支援する諸制度の社内ネットへの掲載以後も継続的に情報提供を行う

取組3 平成30年12月までに育児短時間勤務制度の対象者を小学校入学までの子を養育する
    労働者へと段階的に拡大する。
≪実施時期≫
 平成29年8月~9月
  対象者の拡大に向けた人員配置計画の策定、育児短時間勤務パターンの多様化の検討
 平成29年10月~12月
  6歳に満たない子を養育する従業員への適用拡大の制度実施
  育児短時間勤務パターンの多様化の実施
 平成29年10月~12月
  適用拡大及び勤務パターン多様化の周知及び就業規則の改定
 平成30年7月~9月
  小学校就学に満たない子を養育する従業員へ適用拡大するための人員配置計画の策定
 平成30年10月~12月
  小学校就学に満たない子を養育する従業員への適用拡大の実施
 平成30年10月~12月
  適用拡大の周知及び就業規則の改定

取組4 平成32年6月までに時間外労働時間短縮のため店舗の勤務パターンの多様化を図る。
≪実施時期≫
 平成29年7月~8月
  店舗ごとの繁忙時間帯の調査及び人員配置状況の把握を行う。
 平成29年9月~平成30年8月
  大規模店にて運用開始。
 平成30年9月~平成31年8月
  中規模店にて運用開始。
 平成31年9月~平成32年8月
  小規模店にて運用開始。

取組5 職場見学会及び職場体験受入の実施を最低年1回実施する。
≪実施時期≫
 毎年7~8月(夏休み期間)に社員の家族(子供)を受け入れ各職場にて職場見学を行う。
 毎年秋もしくは冬に大学生・短大生等を対象に、インターンシップを開催し、
 業界や仕事内容の興味理解を深める。